呼びかけ文 キャンペーン概要 参加方法 アクション一覧 ふるさとん通信 お問い合わせ トップページ

◆第12回(2018年)開催報告

「第12回ふるさと清掃運動会」では、
全国47都道府県の
221ヶ所でアクションを実施、1万23人が参加しました。
たくさんのご参加、誠にありがとうございました!
各アクションの詳細は こちら をご覧ください。


第12回報告集ダウンロード



こちらからダウンロードしてください。PDF形式です。


実行委員会主催イベント

5月、学生ボランティア企画集団NUTSは東大、慶応、法政、明治、立教、早稲田大学の各キャンパスを巡る
「学生530(ゴミゼロ)キャンペーン@六大学清掃」を行いました。
60人を超える参加者がありました。
          *
また、今回で8回目となる一般の参加者を集い東京都23区の清掃を行う「23区清掃」は、
12月の文京区から活動を開始し、1年間という長い期間をかけて月2回程のペースで活動しました。
若者が主体的に取り組む意義は大きいです。
          *
11月、「荒川でちょっといいことゴミ拾い」を開催。
朝から雲一つない晴天の中、墨田区の荒川右岸約900メートルの河岸を750人でゴミ拾い、大量のゴミを拾うことができました。
河岸に堆積されたゴミの山があっという間に清掃されて見違えるまでに綺麗になりました。
参加者全員で拾った大量のゴミの山を前に記念写真撮影となりました。
今年のゴミ拾いは、これまでにないほどの量で、特に多かったのが粗大ゴミでした。
町から流れ出て大きな川の河岸に堆積したゴミを海に流れ出る前に未然に防ぐことができました。



継続は力

ふるさと清掃運動会は、2007年にスタートし、今年で12回目になります。
この記念すべき12年を迎えるにあたって、
ふるさと清掃運動会の活動を支えてきた各団体の皆さんに記憶に残る活動を
「ふるさと清掃運動会12年の歩み」として寄稿いただき、報告書にまとめました。
これからの活動の推進力に繋がるものと期待します。
          *
町から川に流れ込み、海洋に流れ出したプラスチックがマイクロプラスチックとして生態系へ与える影響は大きく、
食物連鎖から人びとへの影響を懸念する地球規模の問題となっています。
継続した活動で地球環境の保全を行わなければなりません。
          *
川はそれぞれの顔・姿かたちを持っています。
地域の人たちが親しみを持って接している憩いの場でもあります。
その川には、まだ沢山のゴミが堆積しています。
未来の子供たちのためにも川の環境を元の綺麗な姿に戻さなければなりません。
          *
美しい日本を世界の人々と共感するための活動を東芝さん、三菱さん、富士急行さん、ドコモ・システムズさん、
ITスポーツ連盟さん、毎日新聞さん、ガイアさんと企業の枠を超えた運動を展開していきます。
          *
ちょっといいことゴミ拾いの清掃活動に参加してくれる地元の子供たち、
そして、くりくり少年軟式野球連合会のゴミ拾いは今回で10回目となります。
子供たちの参加は未来に向けての大きな力です。
          *
ネットワークをもっともっと大きく、スクラムの輪を大きく広げて行きましょう!
継続は力、継続こそ力です。



報告・懇親パーティ

1月27日(日)、東京都千代田区一ツ橋の皇居が眼下に広がるパレスサイドビル9階レストランアラスカで、
第12回ふるさと清掃運動会「報告・懇親パーティ」が多くの出席者を迎えて行われました。
王貞治会長は残念ながら欠席となりましたが、「出席者の皆さんによろしくお伝えください」との連絡をいただき、
呼びかけ人代表の奥島孝康さんの開式の挨拶、富士急トラベルの野口和さんの乾杯でパーティを開始。
出席者全員で記念撮影を行いました。
          *
2018年度の活動報告として、11月3日(土)に行われた「荒川でちょっといいことゴミ拾いの1日」と
ふるさと清掃運動会の12年間の活動をまとめた「ふるさと清掃運動会12年の歩み」が、
懐かしき活動の模様を収めた写真を交えながら三上秀幸事務局長から披露。
続いて協賛各社、協力団体の報告と決意表明が行われました。
学生ボランティア企画集団NUTSのOB・OGも今回は多数出席し、ふる里の銘酒を持参してくれました。
協賛各社・実行委員から提供頂いた賞品を抽選とジャンケンによる争奪戦。
またジャズシンガーの奥土居美可さんの歌で会場は大いに盛り上がりました。
三上秀幸さんの後任となる川崎正則さんが次期事務局長としての決意表明を行いました。
女性講談師で富士山クラブの副理事長・神田紫さんの三本締めでパーティを閉め、散会となりました。



荒川クリーンエイド2018功労賞受賞

荒川でちょっといいことゴミ拾いが、荒川クリーンエイド2018において
散乱ゴミ回収量(1,569袋)ならびに粗大ゴミ回収数(672個)で第1位となり、
2月22日の特定非営利法人荒川クリーンエイド・フォーラム2018-2019報告・連絡会で表彰されました。